技術紹介

サムネイルをクリックすると拡大画像が表示されます。

光学設計 独自開発ソフトによる光学設計
エリア設計

光学計算
光学設計はレンズ、ミラーなど光学部品の性能を決定する最も重要な工程です。お客様の要望は多種多様ですから、市販の光学設計ソフトではその全てをカバーすることはできません。
当社は独自開発の光学設計ソフトを用いて、お客様の用途に即した光学設計を行っております。独自開発のソフトですから、新しい要望に対しても柔軟にプログラムの改良にて対応することができます。
このように、光学設計プログラム自体も絶えず進化しているのです。


光学計算 光学計算
 
金型技術 高精度鏡面加工技術
CAD図面CAD図面フレネルレンズ金型ブロックミラー金型ブロック ここにも当社の特殊技術が惜しみなく投入されています。
光学部品の表面には一般に鏡面加工を施す必要があり、この面精度が光学部品としての性能を大きく左右します。光学設計同様、金型加工においても市販のCAD、CAMソフトのみではお客様の要求を満たすことはできません。
当社では光学設計データとリンクした加工プログラムはもとより、当社独自の精密加工技術を駆使することで、光学部品金型に必要な鏡面加工と面精度を両立しています。


独自のマルチセグメント光学系金型(人体検知用赤外線センサ用途)

当社のマルチセグメントフレネルレンズの金型は、各セグメント毎にフレネル面加工されたブロックを組み合わせることにより構成されています。コピーモールドタイプのフレネルレンズとは異なり、セグメント一つ一つが理想的な光学部品の金型として成り立っています。
この手法はマルチセグメントタイプのミラーにも適用されています。

レンズ金型外ブロックレンズ金型外ブロック
ワイヤーカットNCワーク
 
生産技術 経験に裏打ちされたプラスチック成形技術
レンズ金型オスレンズ金型オス成形工程 たとえ完璧な金型ができたとしても、プラスチック成形条件のチューニングが不充分であれば満足のいく製品はできません。チューニングのパラメータの例としては、

プラスチック材料の種類、収縮率
プラスチック材料溶融温度
材料射出圧力
金型温度、及び温度分布
冷却時間

等があげられます。これらはほんの一部ですが、成形条件のチューニングが一つでもおろそかになれば、即座に成形品の精度に影響してきます。勿論、理論的に決定できるパラメータもありますが、それぞれが気温などの外的条件の影響を受けるため、成形条件の決定にはやはり試行錯誤により得られた経験が必要不可欠です。
当社では、設立以来20年にわたって熟練した技術者が成形条件の管理にあたっており、理論、及び経験に基づいて常にベストな生産を行っています。
 
ダイレクトカット技術 少量多品種のレンズに対応
上記金型技術にてご紹介した加工技術をアクリルなどのレンズ材料に適用すれば、直接レンズを材料ブロックから削り出すことが可能です。
大量生産には不向きですが、業務フロー上の金型製作試作成形、「成形条件の調整」といった工程を省くことができますので、非常に短納期、かつ成形条件に左右されない超高精度のレンズを製作可能です。
事前検討用サンプル、及び少量多品種の製品が必要なときにご相談下さい。
成形材料
さまざまな成形材料に対応
アクリル(透明、及びフィルタグレード)
ポリカーボネート(透明、及びフィルタグレード)
ポリエチレン(赤外線センサ用途)
ABS(ミラー用基材)
スーパーエンプラ、等

TOP
トップ


Copyright (C) 2002 JAPANPLALENS CO.,LTD., Japan. All rights reserved.